研究室志望の方へ

[研究室志望の方へ] [何が学べるのか?] [見学等]

研究室志望の方へ

  電気化学エネルギー変換デバイスの分野は、これからのエネルギー・環境産業の中核分野となります。我が国の成長戦略の核として、急速にその重要性が増しています。電気化学デバイスの研究は様々な学問領域からなる複合領域です。化学(電気化学、無機化学、有機化学、分析化学)、化学工学、材料工学、電気工学、物理(固体物理、表面物理、量子力学等)、情報処理など、多くの分野の知識が必要です。ですので、学部までの専門分野にはこだわりません。様々なことを学び、経験することが出来るところです。また、我々の研究室は、様々な出身(大学、高専等)の大学院生が所属しています。皆さんの受験をお待ちしています。
 これまでに当研究室修士課程に入学した学生の出身大学は、
 京都大学(総合人間学部、工学部、理学部)、岡山大学、関西大学、滋賀県立大学、東京工業高等専門学校、東京大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、奈良工業高等専門学校、兵庫県立大学、横浜国立大学、立命館大学等と多岐にわたっています。

 

何が学べるのか?

将来のための基盤となる学問分野

  • 化学(物質を自由に変換)
    • 電気化学(電気エネルギーと化学エネルギーの変換
    • 無機・有機材料化学(材料の創成)
    • 計測化学(最先端計測技術の取得
  • 電気化学デバイス(高効率エネルギー変換)
    • リチウムイオン二次電池
    • 次世代型蓄電池
    • 固体電解質形燃料電池
    • 固体酸化物形燃料電池

将来のための基盤となる経験

  • 年1回以上の国際学会(旅費・滞在費は研究室負担)
    • 研究発表・海外のトップ研究者との意見交換
  • 留学も可能(博士後期課程)
  • 国内外トップ企業研究者との交流

学会発表

 学生の皆さんが研究で得られた成果は、学会発表や論文発表として社会に発信し、世の中の役に立つことが重要です。また、学会で発表することは、その分野の研究者との議論を通じてより研究内容を深めることにもなります。内本研では、学生の皆さんが学会、研究会等に参加し、研究成果を社会に向けて公表することを強く推奨しています。特に、卒業・修了後のグローバルな研究・開発を行うための経験として、修士課程学生を含めて、年に1回以上の国際学会での発表を後押ししています。そのための旅費・滞在費の援助は研究室が行います。

 IMG_3783IMG_3782IMG_3780

卒業後の進路

詳細は「学生生活・進路」のページをご覧ください。

 

見学等

実際にどのような環境で研究や生活を行っているのか、ぜひ見学してください。事前に下記にご連絡ください。

 内本喜晴 教授
〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町 京都大学大学院人間・環境学研究科
     人間・環境学研究科棟301号室  TEL&FAX : 075-753-2924
           E-mail:uchimoto.yoshiharu.2n@〔※1〕

 山本健太郎 特定助教授
〒606-8501 京都市左京区吉田二本松町 京都大学大学院人間・環境学研究科
           総合人間学部棟1303号室  TEL&FAX : 075-753-6850
           E-mail:yamamoto.kentaro.4e@〔※1〕

〔※1〕メールの後ろに “kyoto-u.ac.jp” をつけてください。